合うテニスラケットを選んで戦力アップ

実力以上のプレーができるラケットはありません。でも、実力が発揮できないラケットはたくさんあります。 「良いラケット」ではなく「合うラケット」を探すことが、勝つためのラケット選びのスタートです。

タグ: テニスラケット

テニスワンのトップページへ↑

テニスラケットについてのこれまでの常識をくつがえすラケットフィッティング!

テニスワン
は、2003年からラケットドックというフィッティングイベントを継続開催して、これまで、10,000名以上のテニスプレイヤーに対して、ラケットフィッティングを実施してきました。

ラケットフィッティング
は、実際のプレーを見ながらラケットとプレイヤーの相性を診断するサービスです。
私どもは、そのフィッティングの現場で、「どういうラケットやストリングがプレー上でどういう弊害をもたらすか」について数多くの事例を把握してきました。
 
その中には、これまでの知識やテニス界の常識とは異なるものが数多く含まれます。

このブログでその一部を紹介させていただきます。

もくじ

 





ニューモデル情報

 
---------------------------------------------------
ラケット選びについての45タイトルの記事が満載!
ガットについても9タイトルの解説があります。
テニスワン
のホームページ「テニスラケット選びのノウハウ集」のページヘ
---------------------------------------------------


残念ながら、ラケットについてどんなに良くわかっても戦力アップにつながるラケット選びはできないでしょう。
なぜなら、ラケットの良し悪しはプレイヤーとの相性で決まる問題なので、ラケットのことがわかっても、使う側のプレイヤーの運動特性がわからないとミスマッチになるからです。
なので、自分に合うラケットを選ぶにはラケットフィッティングが必要です。
ラケットドックは10,000名以上のフィッティング実績!

CLICK↓
rdimage

発売されたラケットについて特に気になるアイテムだけを選んでコメントしたいと思います。
以下の記事タイトルをクリックしてください。 

BURN 95CV/ウイルソン
PURE STRIKE 16/19/2016
ファントム プロ 100XR/PHANTOM PRO 100XR
HARRIER PRO 100 XR-M/プリンス
REVO CV 3.0 と REVO CV 5.0/スリクソンREVO CX 2.0 と REVO CX 2.0 LS/スリクソン
REVO CX 4.0/スリクソン
ピュアドライブ 2015/バボラ


ブログロゴ1

---------------------------------------------------
ラケット選びについての45タイトルの記事が満載!
ガットについても9タイトルの解説があります。
テニスワン
のホームページ「テニスラケット選びのノウハウ集」のページヘ
---------------------------------------------------


残念ながら、ラケットについてどんなに良くわかっても戦力アップにつながるラケット選びはできないでしょう。
なぜなら、ラケットの良し悪しはプレイヤーとの相性で決まる問題なので、ラケットのことがわかっても、使う側のプレイヤーの運動特性がわからないとミスマッチになるからです。
なので、自分に合うラケットを選ぶにはラケットフィッティングが必要です。
ラケットドックは10,000名以上のフィッティング実績!

CLICK↓
rdimage

この記事は、グリップテープの商品特性についての解説ではなく、「グリップテープは本当に必要なのか」ということについて書いてみたいと思います。

現在、ほとんどのテニスプレイヤーはグリップテープを使用してプレーしているようです。
「テニスラケットは、必ずグリップテープを巻いて使うものだ」ということが固定観念化しているのが現状だと言えるでしょう。
その、誰もが疑問を感じずに使い続けているグリップテープですが、実際問題として本当に必要なものなのでしょうか。

◆グリップテープを巻くことの影響

グリップテープの必要性を論じる前に、グリップテープを巻くことの影響やメリットを再検証してみたいと思います。

1.グリップが太くなる
テープとはいっても、ある程度の厚みのあるものなので、当然ですが、巻けば太くなるのは避けられません。

2.グリップの感触が柔らかくなる
グリップテープを巻くことでグリップのクッション性が増して握り心地が柔らかく感じます。

3.グリップの角が丸くなる
角が立った状態のものに何かを巻けば、角が取れて丸くなります。

4.滑りにくくなる
ドライやウェットなど、グリップテープの素材を用途に合わせて選べばグリップが滑るのを防ぐことができます。


1.グリップが太くなる

グリップテープの厚さは、特殊なタイプを除けば0.6mm程度のものが多いようです。
ですから、これを巻けば半径で0.6mm、直径で1.2mm太くなるので、重なる部分は2.4mm太くなるわけです。

実際には、少し引っ張りながら巻くことで厚みも少し薄くなるので、重なった部分で直径2mm程度太くなると考えればいいでしょう。

グリップテープを巻くときに、全く重ねないで巻けば1.2mmのアップで済むわけですが、現実問題として、そういう巻き方をしている人は少ないでしょう。

これに対して、グリップの太さが1サイズアップするとグリップの直径は約1mm大きくなります。
つまり、グリップテープを巻くと太さが1サイズ以上増すという根拠はここにあるわけです。

ですから、グリップテープを巻かない状態で適切な太さのグリップサイズを選んだ場合、あとでグリップテープを巻くと、適正サイズより太くなるわけです。

ただ、テニスラケットに元から巻いてあるクッショングリップ(元グリップ)にもタイプがいろいろあって、柔らかくてクッション性の高いタイプほど、使うとヘタって細くなります。

ですから、新しいラケットの使い始めから巻かずに、ある程度使ってグリップが細くなってから巻けば、太くなりすぎる弊害を防ぎやすいと言えるでしょう。

2.グリップの感触が柔らかくなる

現在のテニスラケットのグリップに使用されているクッショングリップは、昔に比べるとかなりクッション性が向上しています。

実はグリップテープが広く普及し始めた頃のテニスラケットのグリップ素材には「天然皮革」が多く使われていました。
皮はもともとクッション性が低い上に、濡れて乾くと縮む特性があるので、汗で濡れた手で使用することでグリップの皮は固くツルツルになり、打球の手応えがダイレクトになります。

それを防ぐために何かを巻かねばということで、起毛されたタオルタイプや紙のようなタイプまでいろいろな素材が出回り始めた次第です。

その後、シンセティックグリップ(科学素材)が使われ出してからも、クッション性能については現在のものよりかなり硬かったので、グリップテープの需要は増え続けて、現在のようにほとんどの人が使うようになったわけです。

ラケットの素材が木からグラファイトへと移る中で、素材剛性が硬くなって打球衝撃を強く感じるようになったことも、グリップテープがこれまで普及した陰の功労者と言えるでしょう。

3.グリップの角が丸くなる

グリップは8角形の形状ですが、その上に何かを巻けば角が取れて丸くなります。

グリップテープを2枚重ねで巻いたり、スポンジの入ったデコボコタイプを巻いたりするとさらに丸くなります。

4.滑りにくくなる

使い込んだレザーのグリップはツルツルになって滑りやすくなるので、滑るのを防止するためにグリップテープを使用する必要性があったことも、グリップテープの普及拡大を後押ししました。

現在のように、化学素材のクッショングリップ全盛の状態になってからでも、やはり、滑り防止のためにグリップテープを使用しているという方は多いようです。

ドライタイプとウェットタイプのどちらを選ぶかについては、個人の好みの問題のようで、季節によって夏はドライなどというように使い分けている方も居るようです。

◆プレー上の問題点

以上のように、グリップテープを巻くことの影響にもいろいろあるわけですが、プレーのパフォーマンスという観点から問題が出る可能性があるのは、「太くなる」「柔らかくなる」「角が丸くなる」の3つです。

1.太くなる弊害

太すぎるグリップを使うと、リストワークが制限されてヘッドが効きにくくなります。

グリップが太いとオフセンターヒットなどで面がぶれるのを防ぎやすいというメリットはあるのですが、固定しやすいというメリットは、器用に動かしにくいというデメリットと裏返しの関係なのです。

また、フェースの角度を微妙にコントロールしようとする際にも、太すぎるグリップは邪魔になるでしょう。

ただ、先述したように、柔らかいくて厚いクッショングリップも使い込めば硬くなって薄くなります。

ですから、グリップの太さ自体が流動的なので、グリップテープの必要性についても流動的に考えられたほうが良いでしょう

2.グリップが柔らかくなる弊害

グリップの感触が柔らかいと身体には優しいように感じますが、プレー上は必ずしも良いとは言えないようです。
なぜかというと、グリップが柔らかいとインパクトの感覚がわかりにくくなるからです。

インパクトのダイレクト感がなくなると、クリアなインパクトとそうでないインパクトの区別が付きにくくなるため、質の悪いインパクトが放置されやすくなるようです。

これは、長いタイプの振動止めを付けた場合と似ていて、インパクト感が曖昧になると、そこに向けての適切な対応がしにくくなって、ショットの切れが悪くなるわけです。

打球衝撃は抜けば抜くほど身体に良いと考えられがちですが、身体が適切に反応するためには、インパクトのダイレクト感を消しすぎるのも問題があるということです。

3.角が丸くなる弊害

グリップの角がわかりにくくなると、フェース角度の微妙なコントロールが難しくなります。

もし、テニスラケットのグリップが円柱状だったら、右利きの人であれば、いちいち左手で面の向きを確認する必要が出てきます。

オフセンターヒットでグリップがずれたときも、そのまま次のショットを打つと打球があさっての方向に飛んでしまうので、その前に左手で面の向きを確認する必要がありますが、ラリーが続く中では無理でしょう。

グリップが多角形になっているおかげで片手だけでフェースの向きを感じ取ることができるのですが、その多角形のカドが取れて丸くなればなるほど、フェースコントロールが不正確になっていくのは避けられません。

◆解決策1

上記のような弊害を防ぐには、単純に、グリップテープを巻かなければ良いわけです。

現在のラケットに使われているクッショングリップは、昔と違って、それ単体で十分なクッション性を備えているものが多いので、グリップテープを巻かずに使っても、特に問題はないと思います。
(ヨネックスのラケットについては比較的薄目のクッショングリップが使われていることが多いようですので、例外と考えたほうが良いと思います)

交換用に用意されたクッショングリップの中には細かい穴の開いたタイプもあるので、汗による滑りやすさも解消しやすくなっています。

グリップテープもクッショングリップも、使用によって消耗するので交換が必要ですが、交換の頻度はクッショングリップのほうが少ないでしょう。
ですから、クッショングリップのほうが値段は高くても、交換頻度を考えるとコスト的には大差ないと言えるかもしれません。

また、クッショングリップを交換する際は、最初から付いていたアイテムやブランドにこだわらず、好きなタイプを選べばいいでしょう。
汚れ防止を考えれば、白から黒へとカラーチェンジするのもありです。

グリップテープを巻かなければ、グリップが柔らかすぎてフワフワになることも避けられますし、グリップの角が丸くなるのも防げます。

プレーの際にグローブをする人は、それですでにラケットと手の間に一枚入っているので、できれば、グリップテープを巻かない前提で考えられたほうが良いでしょう。

◆解決策2

もう一つの解決策は、クッショングリップを外してレザーに巻き替えてグリップテープを巻くというパターンです。

レザーのグリップのほうがクッショングリップより細く巻き上がるものが多いので、トータルであまり太くなりません。

また、レザーにグリップテープのほうが、クッショングリップ単体よりインパクトをダイレクトに感じ取りやすいでしょう。

さらに、レザーの場合は巻いたときの角の出方がハッキリするので、面がわかりやすいでしょう。

◆まとめ

インパクトの衝撃は抜けば抜くほど身体に良いと思われているケースが多いのですが、長いタイプの振動止めやスポンジの入ったデコボコタイプのグリップテープを使って打球衝撃を抜けば抜くほど、インパクトがわかりにくくなります。
グリップテープの2枚重ねも同じです。

フェースの中心からストリング3本くらいずれても打球の勢いはあまり変わりませんが、インパクトの感触はちょっと濁った感じになります。

振動止めやグリップテープで衝撃を吸収していると、衝撃感のないクリアなインパクトとちょっと濁ったインパクトの違いがわかりにくくなるので、質の悪いインパクトを放置する原因になります。

ガットの張りが硬すぎたり、ガットが切れる心配のない人がポリを使っていたりすると、常に強い打球衝撃を感じるようになりますが、その衝撃を振動止めやグリップテープで抜こうとするのは、本来の解決方法とは言えないでしょう。

特に、メーカーが表示している推奨テンションを参考にして張っている場合は、張りが硬すぎる状態になっているケースが多いので、グリップテープでそれをカバーする必要性が出てくるのかもしれませんが、適切な対処とは言えないでしょう。


グリップが滑るのを防ぐには、グリップテープよりリストバンドのほうが有効かもしれません。

多量に汗をかく時期は汗でグリップが滑りやすいのですが、その汗は手の平から出るのではなく、腕から流れてくるものがほとんどです。

手の平の汗は、暑いときにではなく、緊張したときに出るので、ガチガチに緊張しているとき以外の汗の防止は、リストバンドで腕からグリップへの汗をせき止めたほうが効果的だと思います。

※ジュニアプレイヤーの場合、グリップテープを巻かなくても太すぎるグリップを使っているケースが非常に多いので、グリップテープ無しで考えたほうが良いと思います。


---------------------------------------------------
ラケット選びについての45タイトルの記事が満載!
ガットについても9タイトルの解説があります。
テニスワン
のホームページ「テニスラケット選びのノウハウ集」のページヘ
---------------------------------------------------


残念ながら、ラケットについてどんなに良くわかっても戦力アップにつながるラケット選びはできないでしょう。
なぜなら、ラケットの良し悪しはプレイヤーとの相性で決まる問題なので、ラケットのことがわかっても、使う側のプレイヤーの運動特性がわからないとミスマッチになるからです。
なので、自分に合うラケットを選ぶにはラケットフィッティングが必要です。
ラケットドックは10,000名以上のフィッティング実績!

CLICK↓
rdimage

バボラの代表的なシリーズには「ピュアドライブ」、「アエロプロ」、「ピュアコントロール(旧ピュアストーム)」などがありますが、そのどれにも属さないのが新シリーズの「ピュアストライク」です。


ピュアドライブやアエロプロドライブなど、ドライブ系のフレームの最大厚は26mmで、ピュアコントロールシリーズのフレーム厚は21mmフラットが基本です。
 
その両者の中間的な、23mmという最大厚を持つのが「ピュアストライク」という新シリーズなのですが、以下の3モデルが2013年12月に発売されたのに対して、この「ピュアストライク 16×19」の発売は、それから半年近くも遅れた2014年5月下旬でした。

◇ピュアストライク ツアー 18×20
フェースサイズ98、320g、315mm、
フレーム厚21~23mm、18×20、35,000円+税

◇ピュアストライク 18×20
フェースサイズ98、305g、320mm、
フレーム厚21~23mm、18×20、35,000円+税

◇ピュアストライク100 16×19
フェースサイズ100、290g、320mm、
フレーム厚21~23mm、16×19、33,000円+税

【新発売】◇ピュアストライク 16×19
フェースサイズ98、305g、320mm、
フレーム厚21~23mm、16×19、33,000円+税

というのも、この16×19モデルは、当初の計画にはなかった追加企画という話でした。
その話を聞いたときに「そんなアホな!」と思ったのですが、その理由は、どう考えてもこのシリーズの中心は、この16×19だと感じたからです。フランス人の考えることはどうもわかりません。

実際に打ってみると、「やはり!」という感じです。
ピュアコントロールが、「コントロール感」にあふれたノリノリのホールド性を発揮するのに対して、「ピュアストライク」シリーズはスピード系の弾きと切れの良さが持ち味なのですが、その中でも、この「ピュアストライク 16×19」が一番「ピュアストライクらしい感じ」の仕上がりになっています。

バボラ独自の「ウーファー」グロメットがもたらす「ホールド性」の高さが、これまでのバボラの基本的な「ウリ」だったのですが、ピュアストライクシリーズについては、同じ「ウーファー」でありながらも素材を新開発のものに変えたことで、レスポンスの軽快さにつながったと思われます。

以下はカタログの記載そのままです。
【レスポンス・ウーファー】
「弾力性に優れた機能素材『ペバックス』を採用した新開発の専用ウーファーを搭載。パワーアップやリカバリー性の向上をはじめ、数多くのアドバンテージをプレイヤーに提供します。」

「歯切れの良いスピード感」というタイプのラケットが合う人にとっては、打球スピードが上げやすく、攻撃性を高めるのが容易だと感じられるのではないでしょうか。

それに比べると、やはり、18×20の2モデルは、そのストリングパターンの影響を受けて、飛びの面では抑えめになっているため、「ピュアストライク 16×19」に比べてやや詰まった感じの飛びになります。

少し残念なのは、このモデルの場合、スイングウェイトのバラツキ幅がやや重めに寄っていることで、それはそれで、ハードなボールの打ち合いには安定感があるのですが、それでも、中では少し軽めの数値を選んだほうが無難と言えるでしょう。

重量設定が290gの「ピュアストライク  100 16×19」については、スイングウェイトのバラツキ幅が、「ピュアストライク 16×19」とは逆にやや軽めに寄っているので、選択する数値次第ですが、打球感の面では少し硬く感じるかもしれません。

ということで、ショットの攻撃性という点では、やはりこの「ピュアストライク 16×19」が、このシリーズの中心モデルになることについては確実だと思います。

人目をひくことは間違いない「ブラック×蛍光レッド」というこのモデルのデザインについては、人によって好き嫌いがあると思いますが、バボラの新しい提案として今後存在感を高めていくのは間違いないと思われます。


---------------------------------------------------
「ボールが打てるラケット」を手に入れるのは容易でも、「自分に合うラケット」を手に入れるのは簡単ではありません。
ラケットドックは、経験豊富なスタッフが、プレーを見て合うラケットを選び出すサービスで、これまで、10,000名以上の方にご参加いただいております。ぜひ、ご参加ください。
 
CLICK↓
rd_button05

myface02バボラから2つのシリーズが発売になりました。

◆ピュアストライク シリーズ

全く新しいシリーズのピュアストライクについては4モデルの展開ですが、ピュアストライク16×19の発売が2014年5月なので、今回の入荷は以下の3モデルです。

◇ピュアストライク ツアー 18×20
フェースサイズ98、320g、315mm、
フレーム厚21~23mm、18×20、35,000円+税

◇ピュアストライク 18×20
フェースサイズ98、305g、320mm、
フレーム厚21~23mm、18×20、35,000円+税

◇ピュアストライク100 16×19
フェースサイズ100、290g、320mm、
フレーム厚21~23mm、16×19、33,000円+税

最大の特徴は、バボラに今まで無かった「23mm」というフレーム厚で、ピュアコン(21mm)とピュアドライブやアエロプロドライブ(26mm)との中間のパワーレベルという設定です。

ですから、簡単に言うと、ピュアコンでは飛びが足りなくて、ピュアドライブではちょっと飛びすぎというターゲットに向けた商品企画と言えます。

フレーム最大厚が23mmといっても、フェースを前から見たときのフレームの厚みが薄い(8mmちょっと)ので、外見的な印象はかなりスリムでシャープです。

このシリーズについては、ウーファーグロメットの素材をピュアドライブやピュアストーム系の、従来タイプから変更しているので、基本的な性格が「ホールド系」から「弾き系」にシフトしていて、今までのバボラにはあまりなかったハッキリした打球感だと言えるでしょう。

このタイプのラケットが合う方は、タッチさえ合えばスペック以上のパワーが発揮されるため、打球スピードが出しやすいラケットだと感じられるでしょう。

23mmのフレーム厚があるとは言っても、やはり18×20の2モデルについては、やはり、スイングパワーが必要です。
ですから、このモデルで打球がアウトしやすいと感じた場合は、自分のスイングパワーが足りないと思ってください。
プレイヤー側に打球軌道を押さえ込むだけのスイングパワーが無い場合は、打球がすっぽ抜けます。

同じ張力で張ると、18×20は16×19より硬く張り上がるため、カタログ上で適正テンションの数値範囲が同じであっても、実際の張り上げの際は配慮が必要です。
そうしないと、張り上がりが硬くなって、18×20のハードさのハードルが高くなるからです。
ですから、つきつめれば、張り上がりの結果の硬さをチェックする必要があるわけです。

ブラック×蛍光レッドの派手なデザインで、コートで目立ちたい方は是非!

スイングウェイトのバラツキ範囲については、100(16×19)は軽め、18×20はやや重め、ツアー(18×20)はしっかり重めです。
重量設定と同じ傾向になっていますが、実際のプレーパフォーマンスでは、重量の違いよりスイングウェイトのほうが違いが大きいでしょう。


※2014年5月末に発売になった「ピュアストライク16×19」については別ページです。

ピュアコントロールはピュアストームの後継シリーズですが、元々は昔からピュアコントロールだったものが、一時的にピュアストームに名前を替えて、それが再び復活したということです。

ピュアコントロールの95については、2014年1月の入荷になるので今回の入荷は、ピュアコントロール と ピュアコントロールツアー の2機種です。
◇ピュアコントロール(=旧ピュアストーム)
フェースサイズ98、295g、325mm、
フレーム厚21mm、16×20、32,000円+税

◇ピュアコントロール ツアー(=旧ピュアストーム ツアー)
フェースサイズ98、320g、310mm、
フレーム厚21mm、16×20、32,000円+税

ピュアコンの名称が戻って何となくホッとします。
ピュアストームより打感が若干スッキリした感じがありますが、ホールド系の落ち着いたパフォーマンスで、過剰なサービスのない無骨な性格の仕上がりで、万人受けはしないけれど、好きな人は好きというタイプです。

ウーファーグロメットによってインパクトのフィーリングがマイルドに仕上げられていて、ストリング面にボールがのる感じがあります。

でもこれは、シャフトがしなる感じというのとは違って、フレームの剛性そのものはしっかりしているのですが、グロメットなどの衝撃吸収性によって、打球感が柔らかく感じるように仕上げられているということです。

こうしたパフォーマンスのラケットグループを私どもでは「ホールド系」と呼んで、インパクトでシャフトにシナリを感じる「粘り系」と区別しています。
(現在の「粘り系」の代表格は「ウイルソン/BLADE98」でしょう。)

打球感がマイルドな「ホールド系」のラケットを好む方は多いのですが、好き嫌いとは別にプレイヤーとの相性というものがあって、「ホールド系」のラケットが合う人は、スイングが大胆になってヘッドスピードが上がるのですが、合わない人はボールが出ていかずに押し出すようなスイングになることがあります。

ということで、誰にでも良いラケットというものはないわけです。

スイングウェイトについては、以前より軽めに仕上がっており、重くも軽くもない範囲といえます。



---------------------------------------------------
「ボールが打てるラケット」を手に入れるのは容易でも、「自分に合うラケット」を手に入れるのは簡単ではありません。
ラケットドックは、経験豊富なスタッフが、プレーを見て合うラケットを選び出すサービスで、これまで、10,000名以上の方にご参加いただいております。ぜひ、ご参加ください。
 
CLICK↓
rd_button05

このページのトップヘ