「ラケットの飛びを抑えてアウトを防ごうとする」ことが「失速する打球」のスタートラインです。飛ばないラケットでボールが入るのは、文字どおり「飛んでいない」からであって、「飛んでいないボール」がコートに入っている状態は「失速」以外の何ものでもないからです。





このページは以下のアドレスに引っ越しました。
下記をクリックしてください。
https://www.tennis-one.jp/blg/growth-2






-------------------

ほとんどのプレイヤーは
ラケットで損をしている!

というのが、10,000名以上のラケットフィッティングで得られた結論です。
合わないラケットではミスが増えるだけでなく、打球が失速しやすくなってプレイヤーの負担が増す上に、故障の原因にもなります。
ラケットドックで
自分に合うラケットを見つけて
テニスをもっと快適に!

CLICK↓
rdimage